毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

『時間栄養学が明らかにした「食べ方」の法則』メモ

機内食の食べ方」で時差ボケは解消できる(P72)

ポイントは「現地の朝食時間に合わせて食べること」。現地の夜中に当たる時間に機内食が出されても、パスする。

体内時計を動かすには、バランスのよい食事を摂る(P98)

ひとつの食材だけよりも、炭水化物、タンパク質、脂質など、バランスよく摂ることが必要。

インシュリンが出やすいものが「時計を動かす」(P98)

GI値の高い炭水化物には、体内時計を前に進める効果がある。
インシュリンの分泌が盛んな食品の方が、「体内時計をリセットしやすい」。
夕食時には低GIの食品を食べてできるだけ体内時計を動かさず、高GIの食品を朝摂るようにするとよい。

朝のスイッチを入れる(P122)

体内時計に「朝」と認識させるのが重要。
1.絶食時間を空ける(早寝する)
2.「朝」と決めた時間帯の食事時間にしっかり量を食べる
ことが必要。

夕食の量が多いと、朝型に変えにくい(P120)

日本人は夕食にボリュームが偏りがちだが、朝しっかり食べることが体内時計を動かすために必要。
朝食・昼食・夕食の割合が「2・3・5」の人が多いが、理想は「4・3・3」、せめて「3・3・4」をめざす。

チョコチョコ食いは逆効果(P124)

チョコチョコと回数を増やして食べていると、絶食時間が均等で短くなり、体内時計をほとんど動かせなくなる。

食事の時間帯さえ守れば、「起きて、寝る」というダラダラリズムを破棄し、活動・就寝のメリハリを取り戻せる(P149)

体内時計がずれる=最終的に「疾患」になりやすい体になっている(P180)

いろいろな時計遺伝子が働かなくなると肥満になりやすく、最終的にはがんにかかりやすくなる。