毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

『それでも薬剤師は薬を飲まない』メモ

ご飯はスムーズにのどを通り、パンがパサパサする理由(P70)

ご飯はお米に水分を含むが、パンは水分を飛ばして焼き上げる。喉の通りをよくするために油分が必要になり、バターやジャムを塗りたくなる。
ご飯の代わりにパンを食べると、ご飯では必要としない油分や糖分を余分に摂ることになる。

意識的に食品ブランドを変え、リスクを分散する(P111)

著者は玄米を常食しているが、意識的に毎回産地・生産者を変えている。
これは、同じものを食べ続けることによって受ける影響を避けるため。(生産者が信頼できる人だったとしても、水源や土壌が、生産者さんの知らない事情で汚染される可能性も否定できない)

「いただきます」「ごちそうさま」を習慣化する(P132)

食事の始めに「いただきます」を言うことが習慣になっていると、脳は「いただきます」と言う言葉を聞いた時点で「食べ物が身体に入ってくる」ことを察知するようになる。
「いただきます」を合図にしたいが受け入れ体勢に入るため、消化吸収がスムーズに進み、胃腸への負担も軽減される。

さらに「ごちそうさま」と食事の終わりをきちんと宣言すれば、ダラダラと惰性で食べ続けることがなくなる。つまり、暴飲暴食を防ぎ、ムダに食べることの歯止めになる。