毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

糖質制限に関する話題2つ

このところ、「糖質制限」に関する記事が続きました。

ふと、ブログの右側にある「最近言及したキーワード」を見ると、その手の専門用語がずらり。これは何のブログですか、みたいなことになっております。どこが「“私の時間”を楽しく」*1だ、と突っ込みたくもなります。堅苦しい記事が続いて申し訳ありません。

これは「宿題」と称して読んだ結果をまとめたもので、先日の『糖尿病最新療法2』で終了です。
健康関係の記事は、「エビデンス」「エビデンス」とうるさく言われるので、書くのに相当神経を使います*2


終了ついでに、最近目に留まった面白い記事をふたつご紹介します。

20~30代女性の半数以上「コメは美容によい」 炭水化物抜きダイエット経験者の72%「体調悪くなった」


20~30代女性の半数以上がおコメを食べることは美容によいと考えているー。
 JA全農が20~30代女性に実施したアンケート調査で、こんな結果が分かった。また、炭水化物抜きダイエットをした人が体調や肌の調子が悪くなった経験を持っていることも判明。美容にはバランスのよい食事が必要といえそうだ。


 調査は、全国の20~30代の美容に関心のある未婚女性600人を対象に、インターネットで実施。
 「コメを食べることは美容に良いと思いますか」の質問に、11.3%が「とても思う」、40.3%が「思う」と回答、半数以上の51.6%がコメを食べることが美容によいと考えていることが分かった。


 また「あなたの体型は100点満点中何点か」の質問には、ほぼ毎日食べている人の平均49.9点と最も高かったのに対し、ほどほど食べる派は46.5点、ほとんど食べない・まったく食べない派は43.0点と、おコメを食べない人ほど自分の体型に低い点数をつけていた。


 ダイエット経験者(479人)に「これまでのダイエット経験回数」を質問したところ、ほぼ毎日食べる派の経験回数は2~3回が33.8%、ほどほど食べる派も2~3 回が31.4%と最も多く回答が集まったが、ほとんど食べない・まったく食べない派では、11回以上が34.3%と最も多く、コメを食べない人ほど何度もダイエットに挑戦している様子が浮かび上がった。


 また、最近話題になっている炭水化物抜きダイエットについては、ダイエット経験者の56.8%が「経験したことがある」と回答。炭水化物抜きダイエットの効果については、72.4%が「体調や肌の調子が悪くなった経験があると答えた。


 ダイエットをするときには、単にカロリーカットをするのではなく、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどそれぞれのバランスをとることが重要といえそうだ。
.
最終更新:7月22日(火)16時47分

グラフつきの記事はこちらで読めます

むずかしいことはともかく、糖質制限食をやってみて、お肌や体の不調を感じた人がこんなに多いとは。


もうひとつは、モモ博士さんという、カナダ在住の女性のブログ*3
冷夏のある日:食事制限するアスリートのランチ――覚え書きあれこれ
※きれいな写真のあとから本題に入ります。

ご主人のお友達(カナダ人)がスポーツをやっていて、大会出場のためご自宅に泊まられたそうなんですが、炭水化物を食べない主義の人で、食事の用意にとても気を使われたとか。


最後の方の、この文章がとても印象に残りました。

思うにこの高たんぱく・高脂肪の食生活は日本では絶対に出来ないだろうな、と。

だって肉やらバターやらチーズやら、あんだけ食べてたらものすごく高くつくじゃないですか。


確かに。費用の面でも大変、用意するのも大変。まあ、日本には大豆製品という救世主がありますが、この食生活をずっと続けるのはしんどいだろうなぁ、と思いました。

もちろん体質は1人ひとり違いますし、「糖質制限食」がベスト、という人もいらっしゃるはずですが、私はもう少しあれこれいろんなものが食べたいし、そういう食生活が続けられるよう、体に気をつけようと改めて思いました。

*1:一応、ブログにつけているヘッドコピーでございます

*2:正直言って、もう当分糖尿病や糖質制限に関する本のことは書きたくありません…

*3:ある情報収集のため、時々読ませてもらっています