毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

その不調、スマホが原因かも?☆☆☆



※ [Kindle版] はこちら

すっかりiPhone生活に慣れ、以前はPCを使っていたような用事もスマホですませることが多くなった。勢い、スマホを見ている時間もどんどん長くなっている気がする。
これって絶対体に悪いよ、と思っていたらネットで見かけたのがこの本。
首のストレッチ以外にも、いろいろなことが書いてあり、興味深かった。


◆目次◆
はじめに
スマホ首を解決する5つのポイント
第1章 スマホ首が全身の不調を引き起こす
第2章 スマホ首は首の前側から治す!
第3章 首の後ろをほぐして、リラックス!
第4章 スマホ首を根本的に解消する生活習慣
おわりに
参考文献

スマホやゲーム機を長時間見ることで、「スマホ首」になる人が増えているという。
不調を訴えて著者の治療院*1を訪れる人の多くが、スマホが原因と知って驚くそうだ。

 そこで僕は、スマホなどを使い続けたせいで、首の筋肉に異常が起きた状態のことを「スマホ首」と呼ぶことにしました。スマホ首は、新国民病といっても過言ではありません。肩こり、首こり、頭痛、めまい、腕のしびれ、眼精疲労、視力低下といった身体の不調だけでなく、自律神経失調症や不安感、イライラ、抑うつ状態など精神面にも影響を及ぼします(P4)。

このスマホ首を放置していると慢性化し、「ストレートネック」になるという。
改善には3か月くらい必要と考えた方がいいそうだ*2


この本では、「スマホ首」の改善や予防に役立つ著者考案の「スマレッチ」が紹介されている。
ちょっとしたコツは必要だが、慣れれば簡単にできるし、気持ちがいい。
今までいろんな首のケアのストレッチを試したが、これが一番簡単で効果がありそうだ。

首の改善のために、ふだんの姿勢に気をつけたり腹筋を鍛えるなど、意外なところにも注意が必要なのだそうだ。

スマホ首を解決する5つのポイント
1.「スマレッチ」でリセット
2.腹筋を鍛えて体幹を強くする
3.使う時の姿勢に注意
4.入浴と枕で首をケア
5.なるべくスマホの使用時間を減らす(P6)


まっすぐ立っているつもりが頭が前に出てしまう人や、真上を向けない人は要注意。ぜひ読んでみてください。
私のアクション:スマレッチを気がついた時にやる
■レベル:守
※この本のメモはありません

*1:著者は神戸でリラグセーションサロンを経営、日々施術されています

*2:症状の度合いにもよるので、速い人は3日で効果が実感できる人もいるそうです