毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

正しい洗顔方法

久しぶりにお肌の話。

少しずつですが、顔もそれ以外の部分も、状態はよくなってきました。
お正月に何がうれしかったって、実家の父が
「顔が白くなったな」
としみじみ言われたこと。
もともと色は白い方なのに、この1年はそれが信じられないくらい赤かったり、黒かったりしましたから。
そろそろメイクも少しできるのでは、と楽しみです。


肌の状態がよくなってきて、私がしたことは、実は「洗顔方法の見直し」でした。
というのも、お世話になっていた素肌美110番ウォッシャサイズDVDがあるんですが、手元に持ったまま見たことがなかったから*1
そろそろいいかなと思ってDVDを見て、その通りやってみることに。

一番のポイントは「洗顔料の泡立て方」。センターで指導していただいた時にも言われましたが、「泡立てネット」などは雑菌がつきやすく、お肌によくないということで、手だけで泡立てます。
中でも、最大のコツは洗顔料に水を足すタイミング。“泡が大きい時に足し、小さくなってからは足さない”のがポイントです。
これがなかなかむずかしい。あとは何度もやってみて覚えるしかありません。
まだ成功率100%ではありませんが、だいぶうまく泡ができるようになりました。しっかり泡立っていると、洗顔している時に泡が消えず、洗い流す時にサッと落ちます。これが快感。
道具がなくてもしっかりした泡が作れるようになると、旅行などでもストレスがなくなりました。今までは「泡立てネット」に頼っていたので。

このDVD、私は入会した時の特典に頂きましたが、これだけを購入することもできるそうです(税込1000円)。
一緒に洗顔指導を受けることもできるはずなので、興味のある方はぜひ素肌美110番に問い合わせしてみてください。

【後日談】せっせと泡立てて洗顔していたところ、その後センターに行ったら私の肌の状態だと、まだ7分立てくらいでよかったそうです…。ということで、今はゆるめに泡立てて洗顔しています。
素人判断ではなく、やっぱりプロにきちんと見立ててもらった方が安心ですね。

*1:別の方法を教えてもらいました。普通の洗顔ができないほど、肌の状態が悪かった、ということです