毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

意外な邂逅

ブログを書くのは本当に久しぶりだ。仕事関連で新たにブログを作るよう言われ、その更新に追われているうちにこちらがますますお留守に…すみません。来年はもう少しコンスタントに更新します。


年末の大掃除ならぬ、大整理の一貫で、パソコンの中身も整理していた。メルマガも未読が溜まっていたのでバッサバッサと切り捨てていたのだが、長年ファンのミュージシャン、崎谷健次郎さんのメルマガに「ポニーキャニオンから11/18にベスト・セレクション発売」とあるのを見て、読んでみた。崎谷さんはポニーキャニオンからデビューしたが、紆余曲折を経て現在は自分でレーベルを作っている(平たく言えば自主制作ですね)。古巣からベストアルバムが出るのか、へぇ~と思いながら全18曲の解説を読んでいくと、最後にびっくりするようなことが書いてあった。

最後の曲「Rag Time On The Rug」はインストゥルメンタル(ヴォーカルの入っていない曲)で、私も初めて聞くタイトルだったのだが、何と『いきなり!黄金伝説』の調理シーンで必ず流れるあの曲だったのだ。
あの曲には思い入れがある。


以前病気だった頃、何をするにもおっくうでテレビをずっと見ていた時期があった。夕食を作らないと、という時間になってもなかなかソファから立ち上がれない。その時に切りかえスイッチとして使っていたのがあの曲だった。あの曲を脳内再生、または口ずさみながら料理を作った。パブロフの犬ではないが、“あの曲を聞く=料理をする”習慣をつければ何とかなるかも、と祈るような気持ちだった。

幸い、今は元気に動き回れるのであの曲に頼ることもなくなったが、あのお世話になった曲が崎谷さんの曲だったなんて。世の中は不思議な偶然がいっぱいだ*1。こう書いたら国分くんに「偶然ではなく、必然です」と言われるのかもしれないが。


視聴できるので、よかったら聴いてみてください。
崎谷健次郎「Rag Time On The Rug」

*1:調べてみたところ、この曲はドラマ『成田離婚』のサントラに収録されていた曲だそうです。10年以上も前なのに知らないなんて、ファンとしてどうなのか、と自分にツッコミを入れてしまいました…