毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

原点回帰のよい例

さざなみCD
スピッツ
ユニバーサルJ(2007/10/10)
¥ 3,000


スピッツのニューアルバムが発売された。ファンのクチコミに昔のスピッツみたい、という意見が多かったそうだが、確かにそんな印象だ。私のイメージだとアルバム「クリスピー」の感じだろうか。シンプルなツボを押さえたアレンジが楽曲のよさも草野くんの声の魅力も引き立てていると思う。

少し前に出た別のバンドのアルバムが
「シンプルにやろうとしたのはわかる。でも何か方向間違ってますけど!」
という感想で非常に不満が残ったので(結局ほとんど聴いていませんよ、ええ)あーよかったさすがはスピッツだ、と胸をなでおろした。

アジカンを全曲消してガラガラになったiPodにさっそく入れた。のはいいけどパソコンで取り込んだときにうっかり逆の曲順に設定してしまい*1、まるで逆回転で曲を聴いているようで何となく落ち着かなかった。最初はきちんとアルバムの曲順通りに聴くのがアーティストに対する礼儀だと思っているので、いきなりラストのバラードから聴くのはあかんやろ、と自分で自分にツッコミ。
帰宅後、即設定を直した。これでやっとちゃんと聴き込めます。

来年ツアーがあるようなので全力でチケット取ります!アジカンも上の某バンドもパスしたからちょうどいいや。

*1:私が持っているのは「シャッフル」なので、本体では再生をシャッフルかパソコンで設定した曲順そのままか、しか選べません