毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

ユースキンIローションを使ってみた

※試される方は自己責任でお願いします

年末、母から「これ合うんじゃないの?」と手渡された「ユースキンI(アイ)」シリーズリーフレット。ユースキンAを買った時に入っていたものだという。
I(アイ)シリーズはかゆみに特化したもののようで、かゆみ、しっしん、皮膚炎、ただれにもいいと書いてある。さらに、かいた部分に塗ってもしみにくいとも。確かに、これなら使えるかもしれない。今まで、「薬」と名のつくものはできるだけ使いたくないと思ってきたが、ステロイドも麻酔剤も入っていないと書いてあるので、一時的に使うのはまあいいかと思って買ってきた。
私の状態にはクリームよりもローション*1の方がよさそう。実家近くの薬局で130ml・1,070円(希望小売価格1,470円)。


塗った感じはさらっとしているが、あとはなめらかになる感じ。でも、私の場合はこれだけではやはり乾燥するので、今まで通り箸方化粧品も必要だった。
ただ、これでかゆみがウソのようにひくかというと残念ながらそこまでは実感できず。冬に乾燥してかゆいとか、布団に入るとかゆい人向けの製品だと思うのでしょうがないと思う。
塗って寝た最初の晩はかゆくて寝られず、「もずの魔法」の再来か、と思ったが、その後は箸方化粧品との組み合わせや塗る順番、加湿器などで落ち着いてきた*2

一番ありがたいのは赤みが落ち着いてきたこと。まだまだアトピーの肌だが、色が普通に近くなっただけで気分的にはだいぶ楽。それに、かゆみは出るがひとしきりかくと落ち着くので、悪化しにくい感じがする。皮膚表面もしっとりし、かくと以前は雪のように落ちていたはがれた皮膚も今は小さく、量もずいぶん減った。
何より、近くですぐに買えてお値段も手頃*3なのが本当にありがたい。

よさそうなのでしばらく続けてみよう。

*1:見た目乳液状ですが、塗るとさらっとローションになります

*2:それでも寝ながらかいてますが…

*3アトピー用の商品って本当に高い。この前ちらっと書いたローションは120mlですが、1本分でユースキンIが5本くらい買えます