毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

同じことのくり返し


今年のはじめ傘を買った。ひとめ惚れ。予算の倍近くしたが、なくさなければ長く使えるから、と思い切った。
しかし、傘は案外自分のそばを離れることが多い。傘立てが店の外にある場合など誰かが持って行くんじゃないか、間違われるんじゃないかと気が気でない。常に目の届くところに持ち込めるよう傘袋を買おうかと真剣に考えてしまった。
結局できるだけ折りたたみを使い、安心して傘を持って行けない場所には捨てるつもりだった傘にするという本末転倒ぶり。これじゃ買った意味がないから、と古い方は思い切って処分したけど。


この前クローゼットを整理したら日傘が出てきた。5年ほど前に買ったものだが忘れていた。これも当時思い切った買い物だった。晴雨兼用じゃない長いタイプで1万円以上した。華奢で上品なデザイン、一生ものだからと買ったのはいいが、夕立の来そうな日は使えないし、日が暮れたら持ち歩くのは不便、毎日のように乗る自転車につけた傘ホルダー(傘を持たずに運転できるよう柄を固定してくれるもの)にも合わない。華奢で柄が細いから(!)結局ふだん用に千円しない晴雨兼用傘を買った。そっちしか使わないからいつの間にか忘れていたのだ。


その日傘を見たとたん自分のパターンを見た気がした。高い傘を買いすぎて結局使えずにいるのと何も変わらないではないか。成長してないなぁ。


いくら一生ものでも使えないものを買ったら無駄使いするのと同じ。これからは惜しみなく使える気に入ったものを探そう。