毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

お金ならいくらでもあるでやんす

ユニクロオンラインストアを見に行ったらキッズのキャラクターTシャツに「ぜんまいざむらい」登場!と書いてあった。貼ってあったリンクを見に行って、はじめてどんなものなのか知った。というのは、愛読しているよしもとばななさんの日記に何度か出てきたからだ(よしもとさんには息子さんがいらっしゃるので)。5月8日の日記に面白いことが書いてあったから覚えていた。

それからいっちゃんとお花屋さんに行って、ママのための母の日のお花を選ぼうよ、と言われて、
「み~んな買えばいいじゃない、なめざえもんみたいに」
 と言っていたそうだ。なめざえもんはぜんまいざむらいに出てくる「お金ならいくらでもあるでやんす」が口ぐせの人である。
(2007年5月8日より引用)

それで期待してなめざえもんがどんなキャラクターなのか探したが、残念ながらサイトのキャラクター紹介ページにはなかった。

もしかしたら金に飽かせてやりたい放題のとても嫌なキャラクターなのかもしれないが、案外豊かになるイメージ作りに使える言葉かも?と思ったのだ。ついてなくても「ツイてるツイてる」と言うとツイてくるのと同じように、「お金がある」と思えば自然にそういう状況になる。そういう風に書いてある本はいくらでもある。なかなか心配性の癖は抜け切れなかったのだが、この言葉なら楽しく言えていいイメージが持てそう。

みなさんもぜひ、手持ちがあまりない時も
「お金ならいくらでもあるでやんす」
でいいイメージ作りを。