毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

『上質なものを少しだけもつ生活』メモ

上質なものが上質な生活を作り出す(P13)

「もの」というのは、それを使う人の生活行為と一体化していなければならない。

上質なものは、丁寧な扱いや手入れを要求することが多い(P14)

手入れは、丁寧な所作、人やものを大切にすることを、体が覚えるために必要な行為。

選ぶ時は「手で触って探す」(P18)

目で見て探すと、形の面白さにとらわれがち。手で触れて決める方が確か。

上質な住まいを構成する4つの要素と3つの基本(P40)

<4つの要素>
・必要な家具
・生花
・壁の額絵
・美しい形のオブジェ
壁の絵は、高価であるよりも、額が歪んでいないこと、空間に合うフレームでバランスよくかけられていることの方が重要。
<3つの基本>
・あるべきものがあるべき場所にあって、動作がよどみなくできる空間であること
・不要なものがきっちりと片づいていて、ものの位置の歪みやずれがいつも直されていること
・花が常に美しく生けられていること

生活空間が美しいかどうかは、美しくすることに努力を向けるかどうかであって、時間がない、子どもや他の家族が散らかすという問題ではない(P47)

上手な収納のポイントは、ストックではなくフロー、しまうことではなく出し入れすること(P49)

生活行為に沿って、用いるものの出し入れをいかに自然にスムーズにできるか。

ストック収納の3つの原則(P51)

1.補充の必要の有無がひと目でわかるようにする
2.同じ種類をまとめて入れる
3.箱に入れず、ものの姿のまま収納する

掃除を無視したくなるのは「退屈な繰り返しの行為」と思うから(P59)

同じことを繰り返すように見えて、実は毎回異なっている。そして、この「繰り返す」習慣は自分を躾け、洗練し、極める基本中の基本。

瞬間行動(P151)

何ごとにも積極的でなければならない。積極的になるには、しなくてはと思ったことを、次々に先送りにしないこと。今日できることを明日にしないこと。それも、小さな積極性。
気づいた時に瞬間に処理してしまう。