毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

『薬剤師は薬を飲まない』メモ

薬を飲むと体温が下がり、免疫力が低下する(P44-45)

薬は体にとっては異物。解毒するために消化酵素を大量消費してしまう。
消化酵素を無駄遣いすれば、使える代謝酵素が減る→代謝が悪くなる→体温が下がる→免疫力が下がる

インナーマッスル(赤筋)の正体はミトコンドリア(P124)

ミトコンドリアは細胞のエネルギー代謝の中心を担う細胞内の小器官で、鉄を含むため赤みがかった色をしている。
インナーマッスル以外にも脳や神経、肝臓など、ミトコンドリアの多い部位は赤い色をしている

ミトコンドリアはエネルギーを生み出す際、多くの酸素を使う。そのため、インナーマッスルを鍛えるには、充分な呼吸を確保しながらできる有酸素運動が有効。

歩く時は肩甲骨を意識する(P134)

1.右足を出したら右の肩甲骨を動かして右腕を後ろに引き、左足を出したら左の肩甲骨を動かして左腕を後ろに引く。
ウォーキングで大切なのは、肩甲骨を動かすこと。学校で習った「足と反対の手を出す」ようにしていると、猫背の原因になる。