毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

今クールのドラマすべて終了

ここ数年でTVを見る時間はぐっと減ったのだが、この1月からはめずらしくべったり見たドラマがあった。しかも3本も。

うち2本はどちらも同じ曜日の連続だったので大変だった。録画しているので、翌日以降少しずつ見ればいいのに、先が気になって結局録画が終わった直後から続けて見てしまい、毎週その日はすっかり夜中。
しかも、内容がどんどんシリアスになっていくので、ドラマを見てすぐ泣いてしまう私には本当にきつかった*1。どちらも気になる俳優さんが出ていたから見始めたのだが、ひとつはサスペンスもので途中でお目当ての人が殺されてしまったのに、謎が気になって結局最後まで見るというテレビ局の思うツボにはまってしまった。

最後のひとつはNHKで放送されていた「ファン・ジニ」という韓国ドラマ。何かの事件の臨時ニュースを見ようとした時にたまたま見てはまった。こちらは去年の秋ぐらいだったと思う。なので、はじめから見たわけではないが、気に入ってからはこれまた真剣に見た。
これも例によって気になる俳優さんがいたからなのだが、韓流ドラマはとにかくストーリー展開がすごい。実在の人物をドラマ化した、言わば時代劇なのに、感情の揺さぶられ方が半端ではない。毎週見たあとは数日気持ちを引きずるくらい影響を受けた。これも夜遅い放送で、さすがにオットのいる時には見られないのでまた見るのが夜中。夜更かしを促進してしまった。

終わってくれてホッとした、というのが正直な感想。また、テレビは自分の時間を侵食する、ということもよくわかった。
韓流ブームの時に乗らなかった私もいよいよ韓流デビューか?と思ったが、入ったのが時代劇だったため、今風のファッションのその人を見てもピンと来ない。
ドラマにどっぷりはまるのも久しぶりで楽しかったが、次はたぶん見ないなあ。

*1:たかがドラマなのに、入れ込みすぎて疲れました…