毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

ズボラーとザッパー

行方不明であります。先月下旬に通販で購入したある品物の郵便振替用紙。
いつまでに振り込め、とは書いていなかったが、そろそろ本当にまずい。しかし、出てこないと加入者名・口座番号がわからないので支払いようがないのだ。ずっと思いつくところを探しているが、出てこない。一度はちゃんと郵便局に行ったのだが、なぜかその日は異様に窓口が混んでいて、私が10人目だったのであきらめて帰ってきてしまった。

その後、急に実家に帰る用事ができ、帰省中郵便局に行く時間がないので、しょうがない、帰ってきたらすぐ手続きしようと思い「どこか」にしまい込んだのだ。その「どこか」がさっぱり思い出せない。
週末探しても出てこなかったら、あきらめて購入先に問い合わせしよう。


こうなって改めてわかった。私の生活の秩序は今まで「記憶力」によって保たれていたのだ。人よりも記憶力はいい方だったが、年齢と共に記憶力が低下してきてからいろんな面でほころびが目立つようになってきた。それは何となくわかっていたのに、なかなか暮らし方は変わらないので最近立て続けにひどいことが起きて凹んでいる。

同様に先月、仕事用に高額なものを買い、1週間以内に振り込むよう指示があったのに気がついたら7日目だったとか、たまに買っている通販化粧品会社から「ポイントが失効するから買うなら今のうちですよ」と案内が来て、じゃあ買い物しましょう、と思っていたのに期限がうろ覚えで、ギリギリ間に合うと思って注文したら失効した次の日だったとか、以前には考えられないようなことの連続。
つい最近、友人が約束の日を勘違いして覚えていたためすっぽかされたのだが、ハッキリ言って人ごとではない。今までけっこう約束は頭で覚えている方だったので、私も絶対大丈夫とは言えない。


以前勤めていた会社で「ザッパー」と呼ばれている女性がいた。やることなすこと大ざっぱなのだ。私も彼女の大ざっぱすぎる仕事のとばっちりをよく受けたが、本人は「O型だから」とケロリとしていた。
同様に、今の私は「ズボラー」とでも名乗るしかないんじゃないの、と思う。もともとズボラーなのがたまたま記憶力がカバーしてばれていなかっただけだ。たぶん。ズボラーはズボラーなりに手を打つしかない。その前に、自分がズボラーであるという自覚がないと変わらない。情けないけど。
どこに何があるか覚えていられなくなった分、探さなくてもすぐわかるようにする必要があるのだ。

そんな私にぴったりと思えるようなブログ記事があったのでリンクを貼っておきます。
おかたづけ入門

この記事の対象者は「床にものが散乱している人」だそうで、そこまでひどくはないと思うが、書いてあることは充分役に立つと思う。片づけとは何なのかをシンプルに、クールに教えてくれる。興味のある人はぜひ読んでください。