毎日「ゴキゲン♪」の法則・暮らし編

「暮らし」をみがく読書日記。今の関心は健康的な食べ方、質のいい睡眠、時短家事です。

急いてはことをし損じる


急にバーミックスを買うことになった。というのも、私は包丁を使う作業が苦手で、先日突然「切る作業がなくなったらもっと料理が負担じゃなくなるかも」とひらめいたからだ。

オットに持ちかけたところ、はじめは夏のボーナスでと思っていたのがそれじゃ卒業してしまう、夕食作りが一番負担である学校のある時に買わないでどうするんだ、という話になり、ランニングにはまってランナー向けの栄養学の本まで読んでいるオットには「品数増えるよ」という言葉が殺し文句になり、「お金下ろしてくるからすぐ申し込め!善は急げだ!」と勢いづいてあわてて朝学校へ行く前にネットで注文したのがいけなかった。


バーミックスといえば通販生活なのだが、送料はかかるカードは使えない、注文を受ける人も妙に偉そうだし、先日あるものを返品した時のシステムがどうもお客に優しくない気がして今回は違うところを探した。カタログハウスの店まで行けば親切だし送料無料でカードも使えるのだが、残念ながら難波は少し遠い。
どうせ品物はわかっているからカードと送料だけチェックしていたら、以前有元葉子さんのボウルやバットを買った店が扱っていたので知らない店で買うより安心、と思いさっさと注文した。そう言えばこの商品はプロ仕様です、と書いてあったがプロ用なんてかっこいいやん、くらいにしか思わなかった。そう、それが落とし穴だったのだ。

今日届いた箱は思ったよりスリム、あれ、これでアタッチメント全部入ってるのかな、と確認して真っ青になった。通販生活で見たものより明らかに少ない。しかも、操作を説明したDVDもないしレシピ本もない…それで価格の差はたった700円。通販生活の送料とほとんど変わらないではないですか。

まあ、正規品だしユーザー登録を代理店にすればDVDは送ってもらえるし、ちゃんと使えるんだからいいんだけど、通販生活で買えばセットで付いてきたものを自分で買い揃えると、何と6千円以上かかるのだ。通販生活を嫌った私が悪うございました。


しかしこの「プロ仕様」って何が違うんだろう。保証期間も普通は3年なのにこれは1年。まあプロだからヘビーユースするので当然なんでしょうが、メリットが全然ない。特に馬力があるわけでもないし、そもそもワット数が高いものは一般向けで6月に出るのだという。別売のアタッチメントは先月値上げしたばかりだし。
しかも仕様を比べるのにカタログハウスのサイトを見に行ったら最近サイトから注文できるようになっていて、カードが使えるようになっていた…。もう、踏んだり蹴ったり。

唯一私でもわかる違いは本体をセットするホルダーだけ。プロ仕様は場所を取らないよう、壁にねじ釘でとめるタイプになっている(普通のは自立式)。意地でも使ってやる、と早速とめた。うちは賃貸なので本当は壁に穴をあけるのは禁止されているのだがお構いなし。だってこれを使わなければこっちを買ったメリットがまるでないんですよ!
さらに、一緒に買った混ぜるための専用容器がどう考えても大きすぎる。こんなに容量がいるのってシフォンケーキくらいしかないんじゃないだろうか。お菓子づくり用に買ったんじゃないでしょ!口コミを見て買ったのだが、サイズはちゃんと見ましょう。


「幸せは不幸せの顔をしてやってくる」というが、これが何の前触れなのか楽しみだ(ヤケっぱち)。
教訓

  • あわててネットでものを買うな。
  • 送料無料に惑わされてはいけません。